• HOME
  • 門真民報
  • 議会活動
  • 政策・提言
  • 新着情報
  • お知らせ
  • 門真民報

    No.2221(2018年6月17日号)

    [2018.6.15] -[門真民報]

    一般ごみ収集の委託拡大提案災害対応など是非は慎重に審査 第2回定例会(6月議会)はじまる  本会議が 11日開かれ、22日までの 12日間の会期で第2回定例会(6月議会)が始まりました。 まず、上程された条例改正や補正予 [...]

    No.2220(2018年6月10日号)

    [2018.6.8] -[門真民報]

    ごみ収集業務の委託化強化市民生活への影響、市の公的責任が求められる 第2回定例会(6月議会)に向けて議会運営委員会   議会運営委員会が4日開かれ、門真市議会第2回定例会(6月議会)に提出予定の議案の取り扱いに [...]

    No.2219(2018年6月3日号)

    [2018.6.1] -[門真民報]

    国保料の減免制度が府統一化で なんと! 約12万円も減免額が少なく・・  門真市の平成 30年度国民健康保険料率に基づいた、納入通知書(年間保険料額)が 6月中旬に発送を予定しています。 危惧される5年後の国民健康保険料 [...]

    No.2218(2018年5月27日号)

    [2018.5.25] -[門真民報]

    市政のチェック機能を発揮議会の民主的運営と議会改革を 第1回臨時会で新たな議会構成が決定  第1回臨時会が 16・17日の2日間の会期で開催されました。 まず、市税条例の一部改正や補正予算など専決処分の承認案件3件が提案 [...]

    No.2217(2018年5月20日号)

    [2018.5.18] -[門真民報]

    1歳児の申し込み 34人が受入枠より多い  保育所の待機児童の解消は切実 門真市の今年度の待機児童の状況   安倍政権の待機児童加速化プランの失敗 保育所の待機児童解消が問題となっています。 国では安倍政権の下で、新制度 [...]

    No.2216(2018年5月13日号)

    [2018.5.11] -[門真民報]

    門真市の29億円の無駄遣い許せない!高等裁判所は市民目線で公正な判決を 判決は6月13日、「29億円問題」住民訴訟の控訴審が結審  門真市が光亜興産らに支払った  29億円もの建物除却補償が問題だとして起こされている住民 [...]

    No.2215(2018年4月29日号)

    [2018.4.27] -[門真民報]

    高齢者の尊厳が活かされる地域包括ケアシステムを! 「2025年問題」の議員研修会・特別委員会開催 「 2025年問題」議員研修会が 18日の午前中に開かれ、福田英彦、ほりお晴真議員が出席、案内された多くの市理事者(市長、 [...]

    No.2214(2018年4月22日号)

    [2018.4.22] -[門真民報]

    暴走続ける安倍政権は退陣を!公文書改ざん・データねつ造・日報隠蔽  安倍政権の下で、森友学園疑惑、加計学園疑惑、自衛隊日報隠蔽、裁量労働制のデータねつ造など行政への信頼を根底から損ない、日本の民主主義の土台を根底から壊す [...]

    No.2213(2018年4月15日号)

    [2018.4.13] -[門真民報]

    新年度予算で市民の切実な願い前進 党議員団は粘り強く質問・要望してきました 日本共産党議員団は、国の悪政から、市民のくらし・福祉・教育を守る立場で、新年度の予算編成に対して「予算要望」を行っています。 新年度予算で、前進 [...]

    No.2212(2018年4月8日号)

    [2018.4.6] -[門真民報]

    大阪府下3番目に高い保険料全ての基金を使い軽減を! くすのき広域連合議会 福田英彦・ほりお晴真議員  3月 29日、くすのき広域連合の3月定例会が開かれ、福田英彦議員、ほりお晴真議員が出席しました。 提案された案件は、条 [...]

    次のページ